通信制大学のメリット

通信制大学について調べているけれど、良さがいまいち分からない。そのような人のために通信制大学のメリットをご紹介していきます。メリットを知ることで、入学へのモチベーションが上がるかもしれません。是非参考にしてみてください。

学費を抑えられる

大学は、基本的に通学制を取り入れており大学に授業を受けに行き単位を取得していくことが多いです。しかし、大学の中には通学制以外にも通信制を取り入れている所があります。この通信制のメリットはいくつか存…

自分のペースで学習できる

通信制大学は、スクーリングなどの期間を除いて自宅学習がメインとなるため、フルタイムで仕事をしている社会人も仕事終わりや休日を使って、自分のペースで学べるという大きなメリットがあります。特に、インタ…

>

様々なことが学べる通信制大学

幅広い年代の学生と出会える

定年退職後の第二の人生を歩むシニア世代

通信制大学には、定年退職後の第二の人生を学びに捧げるシニア世代がたくさんいます。中には、大学教員よりも年配の学生もいます。シニア世代の学生は、人生経験が豊富なため、さりげない会話の中にも勉強になることがたくさんあります。シニア世代で、もう一度勉強をしようと考える人は、社会的な地位がある人が多いのも特徴です。社長をしていた人や小学校の校長だった人もいますし、医師や弁護士が趣味で通信制大学に来ることもあります。 通学の大学生では、社会的な地位の高い人と肩を並べて発言ができる機会はほとんどありません。ですが、通信制大学ではどんなに社会的地位が高い人でも同じ学生なので、気軽に話をすることができます。また、60代や70代の人が勉強をしている姿を間近で見ることは、若い世代にとって大きな刺激となります。加齢に対して漠然と不安を抱えている人も、人間はいくつになっても新しいことを学ぶことができるということを実感することができるでしょう。 シニア世代にとっても、若い人たちと触れ合うことは良い体験になります。凝り固まった古い考えにとらわれず、新しい発想や常識を知ることができ、時代に取り残されることがありません。

子育てや家事が落ち着き始めた主婦世代

30代から40代の女性も通信制大学ではたくさん学んでいます。女性は、結婚や子育てでキャリアを中断されることが多いです。それでも、新しいキャリアをスタートさせたいと意欲溢れる主婦が多いです。通学の学生では、結婚や子育てを経験している人はほとんどいません。そのため主婦ならではの勉強方法を聞くことは、他の世代の人にとって勉強になります。主婦は時間の使い方が上手な人が多いです。家事や子育て、中には仕事をしている人もおり、少ない時間でいかに効率的に複数のことをこなすかということに長けています。 通信制大学では、仕事をしながら勉強をしているという人が多いです。少ない時間で勉強時間を確保する方法は、主婦のやり方を学ぶと良いかもしれません。また、主婦はコミュニケーション能力が高い人も多いです。普段から、近所づきあいや保育園や学校のママ友づきあいをしている主婦は、グループワークなどでもその力を発揮してくれます。 講義の中で集団をまとめてくれる存在はとてもありがたいものです。さらに、子育てをしている主婦は、面倒見も良く頼れる存在です。通学の学生であれば、主婦は自分達とは異なる世界の住人のように感じるかもしれません。ですが、話してみると意外と近い感覚で話ができることに気が付くでしょう。主婦にとっても、若い世代の学生と仲良くなることで、少し若返ることができ楽しい気持ちになれるというメリットがあります。

通信制大学のデメリット

通信制大学はメリットばかりではありません。ここでは、通信制大学のデメリットについてご紹介していきます。デメリットも知っておくことで、入学するかどうかの判断にも役立ちます。デメリットも踏まえた上で、入学の参考にしてみてください。

入学は簡単でも、卒業が難しい

強い意志がなければ学習が続かない

学習の疑問をすぐに解決しにくい

© Copyright Correspondence University. All Rights Reserved.